最先端の科学技術演算 mathmatica

mathmaticaは25年以上の長きに渡り、科学者・技術者・学生などから愛される技術計算システムです。

待ちに待った新バージョン Mathematica 10.3 日本語版は 11月4日 (水) リリース予定!

Mathematica 10.3 の新機能

MathematicalFunctionData を介して、Wolfram 言語の膨大な数学関数の恒等式および特性にアクセス

移動時間、移動方法、関連データの計算のための TravelDirections や TravelDistance 等、新しい地理的計算機能

Wolfram Cloud との接続を利用した計算と開発で利用できる新しい AnatomyData およびインタプリタ型の AnatomicalStructure

計算をより自動化し効率的に行うために、実体の特定のインスタンスをグループ化、コピー、特定することが可能に

ランダム行列分布およびランダム行列の特性のサポート

比較演算子形 GreaterThan、LessThan、EqualTo 等を使った式の判定

単語やアルファベットの文字列操作のため言語データが追加され、自然言語理解能力が向上

時刻帯の表現と操作のための日付と時間の新機能

偏微分方程式と固有値問題の記号解法のサポート

ホスト名検索、IP アドレス表記、ソケット接続のための、より便利なネットワークプログラミングオプション

定義、品詞、翻訳等を含む、テキストの要素や構造を処理し解析するための拡張された機能

GoogleCalendar、GoogleContacts、Yelp のデータ、学術研究のための ArXiv および CrossRef 等の新しいサービス接続オプション

デスクトップとクラウドにおける、Wolfram 言語および Wolfram システムのコアとなるインターフェース機能の大幅な向上

mathmaticaをマスターするには、恐怖心を捨ててmathmaticaを使いこなそうとする気合が必要ですね。何事もまずはやってみるという姿勢が大事。やる前から不安や億劫な気持ちが強いと、何事も成し遂げることができません。インターフェースの難しさや難解そうに見える専門用語も多いかと思いますが、使っていくとそれに慣れていき、使いやすく感じるようになるものです。技術計算の作業を効率化したいなら是非ともmathmaticaを攻略することをオススメ致します。

追記:
私は何故男性として生まれてきてしまったのでしょうか。最近、女装マゾにハマっております。あまりこういった趣味は人前でおおっぴらにできないのですが、仕事の疲れを癒やす精神的なサプリメントのようになっております。お恥ずかしい限りです。。いずれセクシャルマイノリティーとして認知される日を願っております。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

世界中の開発者,教育者等のユーザーに愛されるmathmatica